• すべてのご相談 無料相談! 相談予約はこちら 借金問題のご相談 その他のご相談

債務整理(任意整理・自己破産・個人再生・過払い請求)・相続・離婚などまずは札幌の弁護士法人 吉原法律事務所にお気軽にご相談ください。無料相談をすべてのご相談で行っています。ともに解決を目指しましょう!

ブログ

札幌 弁護士 ホーム > ブログ > 解決事例

2012年02月01日

過払い金返還訴訟

タンポートからプロミスに引き継がれた契約の、過払い金返還訴訟について、最高裁判所の判決が出たことから、当事務所でも次々に勝訴判決を獲得しています。本年になってから、平成5年ころからの取引のある方で、総額370万円の判決が出ました。いかに消費者金融の利息が法外だったかということになるかと思います。過払い金の請求は、最後に支払った時から、10年間はできますので、完済された方も請求を検討されたほうがよいかと思います。

2011年12月08日

高次脳機能障害

交通事故で頭部に傷害を負った場合、衝撃で脳の神経回路に異常が残り、重い記憶障害や、性格が一変するなどの深刻な後遺障害が残ることがあります。これが高次脳機能障害です。運動障害が残る場合は、判断がしやすいのですが、記憶障害や、性格が変わる(怒りやすくなる等)などの障害はなかなかわかりにくく、かっては交通事故との因果関係がなかなか認められない時期がありました。現在では医学的な診断基準も確立し、交通事故の後遺障害として認められることが多くなりました。当事務所でも、事故当時無職の29歳の男性が、高次脳機能障害による後遺障害5級の認定がされ、慰謝料と逸失利益合わせて、過失相殺1割がされたものの約7500万円の賠償を得ることができました。しかし、それだけ障害が重いということで、事故前のようには働けないということを意味しています。障害年金の手続を勧めましたが、将来が心配になるところです。

2011年10月25日

医療事故

 平成8年に幼児が食道から入れるべき薬剤を静脈注射さ、脳梗塞を発症し、その後てんかんと精神遅滞の後遺障害の残った被害者が、平成22年に事故で亡くなったことから、損害賠償請求交渉をおこないました。争点は、薬剤の誤注入とてんかん、精神遅滞との関係でしたが、両親のねばり強い意思で、当方の要求をほぼ認める内容での和解ができました。

2011年10月07日

プロミスの過払い金

 プロミスの過払い金問題は、プロミスがその子会社であるタンポート・クオークローンから移転した債権について、子会社の段階で発生した過払い金の支払債務はないとして支払を拒否したために、全国でたくさんの裁判が行われてきました。プロミスを勝訴させるたくさんの判決が出されましたが、裁判所も次第にそれはおかしいとの認識に至ったのか、9月30日に、最高裁判所はプロミスを敗訴させ、子会社で発生した過払い金債務を、プロミスが承継するとの判決が出され、プロミス問題は顧客側勝訴で決着しました。当事務所でも10件近い、プロミスの訴訟を扱っていたので、ほっとしたところです。しかし、プロミスを勝訴させた裁判官は、何故そのような形式的な思考になるのか不思議でなりません。

メールは、24時間受付中。お気軽にお問い合わせください。お電話でのお問い合わせ・無料相談予約、月~金曜日AM9:00~PM6:00夜間・休日の相談にも対応しております。 借金問題のお問い合わせ その他のお問い合わせ

ホーム | 弁護士紹介 | 業務案内 | 費用について | よくあるご質問 | アクセス | お問合せ | プライバシーポリシー