• すべてのご相談 無料相談! 相談予約はこちら 借金問題のご相談 その他のご相談

債務整理(任意整理・自己破産・個人再生・過払い請求)・相続・離婚などまずは札幌の弁護士法人 吉原法律事務所にお気軽にご相談ください。無料相談をすべてのご相談で行っています。ともに解決を目指しましょう!

ブログ

札幌 弁護士 ホーム > 弁護士 ブログ > 2012年4月

2012年04月10日

借金の時効

消費者金融や、クレジット会社に対する借金は、通常は最後の支払から5年で時効になり、支払わなくてもよくなります。但し、法律では「時効だ」ということを、本人が債権者に言わないと、時効の効果・・・借金を支払わなくてもいい・・・が発生しません。時効になっていると言わずに、お金を支払うと、時効の中断といって、時効ではなくなってしまいます。先日裁判所の法廷の傍聴席にいたところ、債権回収会社が借金の請求の訴訟をしていました。裁判官の話では、どうやら時効期間は過ぎているので、本人が時効になっていると言えば、債権回収会社の請求は認められなくなるのですが、なにしろ本人欠席です。時効だという主張がなく、裁判官としては債権回収会社の言い分を認めた判決を出すしかありません。判決が出ると、その時から時効期間が10年となります。せっかく時効になっているのに、裁判に対応しなかったばかりに、金利も入れると、元の金額の倍以上の借金を背負うことになります。

メールは、24時間受付中。お気軽にお問い合わせください。お電話でのお問い合わせ・無料相談予約、月~金曜日AM9:00~PM6:00夜間・休日の相談にも対応しております。 借金問題のお問い合わせ その他のお問い合わせ

ホーム | 弁護士紹介 | 業務案内 | 費用について | よくあるご質問 | アクセス | お問合せ | プライバシーポリシー